【GCP】Google Cloud Platform の料金はどうなっている?

貯金箱 情報
貯金箱

GCP を始める前に、どれくらいの料金がかかるのか、気になりますよね?
安心して始められるように、GCP の料金についてまとめます。

GCP の料金

GCP の料金  |  Google Cloud
Google の料金体系はお客様にわかりやすく、また、多くのコンピューティング ワークロードの料金は他のクラウド プロバイダと比べて平均 60% も低く設定されています。低価格で幅広いサービスをご利用いただけます。

GCP の料金については、こちらのページにまとめられています。
「わかりやすい料金体系」と書かれていますが、私個人としては「わかりやすくない」という印象です。

このページで、GCP の料金について見ていきますが、実際に GCP をはじめるときは自分でよく確認しましょう。(ご自分の責任でご利用ください)

GCP料金計算ツール

Google Cloud Platform 料金計算ツール
サーバーの台数、利用状況、処理能力に基づいて、Google Cloud Platform から提供されるプロダクトに関して、お客様に合わせてカスタマイズした見積もりを作成します。

こちらのツールで、見積もりを行うことができます。
ただ、GCP についての知識がないと、どうやって使ったらいいか分からないと思います。

このブログは GCP で動かしていますが、今使用している条件で見積もってみます。
下表の設定以外はデフォルトのままにしています。

Number of Instances1
Instances using static public IP1
Include Always Free usage in my estimatetrue
Compute Engine の見積もり

見積もりの結果は、$ 0.00 でした。
Always Free の範囲で使えてそうです。

GCP の無料枠

GCP の無料枠 - 無料の長期トライアル、Always Free  |  Google Cloud
GCP の無料枠では、無料プログラムがさらに充実し、12 か月間 0 分の無料トライアルと Always Free(常時無料)という 2 つのプログラムが提供されます。詳細をご覧ください。

こちらのページに、無料枠の条件が書かれています。
2020/4/23時点で、Compute Engine の一番スペックが低いものを、USリージョンで1インスタンスなら無料で使えます。
条件は変わることがあるので、たまにチェックしたほうがよさそうです。

課金が発生したときにアラートで知らせてくれる

予算と予算アラートの設定  |  Cloud Billing  |  Google Cloud

いきなり高額な請求が来るかもしれないと思うと、怖いですよね。
GCP では、料金が発生したときに、知らせてくれるアラート機能があります。
これなら安心ですね。

GCP の「お支払い」メニューにある「予算とアラート」で設定できます。
メールで知らせてくれるアラートのしきい値は、自分で決められます。
料金が発生したら、すぐに知ることも出来ます。

料金の履歴

GCP の「お支払い」メニューにある「料金の履歴」で今までの料金の内訳を確認することができます。
今月分も表示されるので、どんな料金が発生しているのか、チェックできますね。

まとめ

GCP の料金は、私個人としては「わかりやすくない」という印象でしたが、料金が発生したときに知らせてくれるアラート機能があるので、安心して始められそうです。
最初の 12 か月間に GCP のプロダクトで使用できる $300 分のクレジットの付与も嬉しいですね。

このページで、GCP の料金について見てきましたが、実際に GCP をはじめるときは自分でよく確認しましょう。(ご自分の責任でご利用ください)

コメント

タイトルとURLをコピーしました