【Unity】GO Mapアセットを使ってみた

GO Map プログラミング
GO Map

Unity の GO Map アセットを試してみました。

GO Mapアセット

概要

GO Map は、Unity で位置情報ゲームを簡単に作れるようになるアセットです。

Home - GO Map - Unity 3D Asset

入手

Asset Store から購入できます。

GO Map - 3D Map for AR Gaming | 機能統合 | Unity Asset Store
Use the GO Map - 3D Map for AR Gaming from Alan Grant on your next project. Find this integration tool & more on the Unity Asset Store.

Demo

Assets/Demoフォルダに12個のデモ用シーンが入っています。
下の画像は Flat Map シーンを動かしたところになります。

Mapbox Demo
Mapbox Demo

API

下記のように、GO Map コンポーネントを動かすには、APIキーを設定する必要があります。
Mapbox / OpenStreetMap / Nexzen の APIキーを指定できるようになっています。
Mapbox は、Vector Tiles API を使用しているようです。
また、周辺のオブジェクトを検索するために Google Maps Platform の Places API Nearby Search service も使用しています。
このあたりの従量課金についても調べておく必要があります。

APIキー
APIキー
Pricing
Explore Mapbox's flexible pricing options
Google Maps Platform Billing  |  Google Developers
Learn about the cost of use by SKU for the Google Maps Platform APIs

まとめ

GO Map アセットを使用すると、Unity で位置情報ゲームが簡単に作れることが分かりました。
ただ、位置情報ゲームで使用する API の従量課金については、実際に何が使われていて、どれくらい課金が発生しそうかなどを調べるのが大変だな、という印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました